認知症介護・みなさまあってのジェンヌですのブログ

老健で介護士として働く介護ジェンヌの介護日記他

9/16(日) 遅番12 スタッフ意識の違い

今日はかなり真面目に…




一緒に働いている一部スタッフ


同じ正社員


同じ介護福祉士


でも…


考え方は全く違う。


人に偉そうな事が言えるほど


私自身立派な人間じゃない。



でも、仕事には


誠心誠意取り組んでいる。




人為的なミスは、マニュアル通り、正しく行えばおおよそ防ぐ事ができる。と思っている。




介護現場においてあっちゃいけないけど、よくある人為的なミス「誤薬・落薬」


本人確認・日付・時間(朝昼夕)をまず確認して、口に入るところから飲み込むまで確認する。


服薬させるということはそこまで責任を持って服薬確認をしなければならない。


はずなんですが…


本人の前で名前・日付・時間を声に出して読み上げ無いから誤薬が発生する。


渡して飲んでと声掛けだけして席を離れるから、落薬が発生する。


人間誰だってミスは起こりうる。


だから確認する。


セットミスで、違う人の薬かもしれない。


その人だと思いこんで持って行っても違う人の所に来ているかもしれない。


一つ一つ声に出して読み上げる事で、自分の確認にもなる。飲む人が自分の薬だと確認ができる。朝昼夕を間違いなく飲めているかも確認できる。


ほんの一手間が安全・安心に繋がる。


落薬に関しては…


口に放り込んで、水分取って貰って、口腔内を確認するのが手取り早い。


それでも目を離した瞬間にスイカの種を出すがごとく、ペッペしてしまう老人も多い。


手のひらに乗せた場合、落とさずに飲めたかを必ず確認しなければならない。


手の動きを悪くなって、落としてしまうかもしれない。だから、見守り、口腔内に必ず入ったかの確認。そして飲み込めたかの確認。



どちらのミスも下手すれば人命に関わってくるので、緊張感を持ってやるべきだと思う。



でもそうで無いスタッフもいる。



例) 他の人の薬を飲ませてしまいました。


例) 床に薬が落ちてました。




薬捨てて(証拠隠滅をして)何も事故はありませんにすれば良かったのに…事故報なんてめんどくさいだけじゃん。


おっと!

そんな事言っちゃった!?mΣ( ̄。 ̄ノ)ノ


そのスタッフは根本的にいろいろと間違ってるって感じました。



そんなレベルのスタッフと一緒くたにされるかと思うと心外ですね。


薬だけでなく、転倒とか他の事も無かった事にしてるのでは…と不信感しかありません。