認知症介護・みなさまあってのジェンヌですのブログ

老健で介護士として働く介護ジェンヌの介護日記他

9/6(木) 公休日 この栄養士…謎

飛び石休みより連休が欲しい介護ジェンヌです。

私だけじゃなく、みんな思ってるはず…きっと。


うちの施設は3/1にオープンしたばかりで、主任もオープンと同時に主任業にデビュー。


主任業いろいろ大変だとは思います。

平平ペーペー下っ端にはわかりません。

シフト作成の苦戦してるんでしょうね…

職場いくつか変わってきましたが、過去最高に下手です。

かたや飛び石休みあり、かたや鬼連勤あり…

もう少しなんとかならんかったんやろか?って思うこと多々あります。

まぁシフトパズルは難しいですからね…

平平ペーペー下っ端は文句だけ言うことにします。(言うんかい!)


さてお題の栄養士さんが謎過ぎる話


施設の食形態として…

ペースト食

極刻み食

刻み食

一口大食

普通食

だったかに分かれています。(うろ覚え)


ペースト食

その名の通りペースト状になった食事です。

味はメニュー通りでも、見た目からはなんなのかは全くわかりません。

それを食事にした事がないので、どれくらい腹持ちするのかもわかりませんが、これを普通食にしたら量的には少ないんじゃないかなって思います。


極刻み食

普通食が細かく細かく刻まれた食事です。

例えるとなんだろうなぁ…

たこ焼きとかに入ってそうな極刻みになった紅生姜チックな感じですかね?


謎過ぎる施設栄養士さんの行動が…


嚥下が悪くペースト食を食べているおばあちゃん

あ、旦那さんがシリアル入りヨーグルトやキットカット食べさせてるあのおばあちゃんです(笑)

ある日、ちらし寿司だった日に…

普通食のちらし寿司を味見程度ではあるものの小皿に提供。

ナースも介護もビックリですよ‼️

理由を聞くと「食べたいって言ったから」

いやいやいや…

あり得ないでしょ!

施設栄養士さんだよね?

この人がなぜペースト食なのか…わかってるよね?


またある日…

その日は麺類でした。

極刻み・刻み食の方の麺がそのまま?

ナースも介護もビックリですよ‼️

理由を聞くと「麺は啜るものでしょ」

いやいやいや…

あり得ないでしょ!

施設栄養士さんだよね?

免許あるんだよね?

この人たち麺をすすれませんから…


これだけじゃないんです(笑)


デザートのフルーツ

極刻み・刻み食の人のミカン、キウイ等のフルーツ刻んであります。刻んでも生フルーツなのでちょっと固そうで口に残ります。

問題はバナナ

バナナ1/2が3日に1回の割合で出てきます。

提供方法はペースト食の方は代替え品のバナナ加工食品ですが、極刻み以上の人には皮付きバナナ1/2が皿に乗って出てきます。

認知症の方とか平気で皮ごと食べちゃうので、配膳時に皮を剥いて提供します。

でもね、極刻みや刻み食の人にバナナ1/2刻まないで提供ってどうなの?と思います。

ナースも介護もビックリ‼️

理由を聞くと「色が変わるから」

いやいやいや…

ありえないでしょ!


なんか方法あるでしょ。

極刻みにしてトロミ絡めて変色防ぐとか…

(前の施設のバナナ提供のやり方です)


食事介助しながら、フォークで潰しながら食べさせてますが…頬袋に溜まるばかりです。

特に毎日娘さんが食事介助に来られるあのおじいちゃん。

食後に口腔ケアするとゴッソリ出てきます。

娘さんがご持参されたカットフルーツ類ももちろん出てきます(笑)


先日冷やし中華の日がありました。

平皿に冷やし中華が綺麗に盛り付けられています。

でも老人達、冷やし中華入り平皿を持って食べることはできないから苦戦してました。

しかも箸とスプーンしかつけてきてない。

厨房にお椀とフォーク貰いに行ったら…

「何に使うんですか?」ときたもんだ。


Σ(・□・;)


この謎過ぎる栄養士さんから老人の命を守るのは我々介護職員の仕事だ!と改めて思った今日この頃です。