認知症介護・みなさまあってのジェンヌですのブログ

老健で介護士として働く介護ジェンヌの介護日記他

9/8(土) 夜勤明け 腰が…ヤバイ

草木も眠る丑三つ時…



巡視と排泄介助が終わりちょっと一息






束の間の静けさ…




腰がピキッと逝きそうです。



今まで、ギックリ腰ってなった事無いんですが…


これはちょっと危ない予感。



介護職の定めなのでしょうか?



今日の事件(注意:排泄関係の汚いと話です)



排泄介助に入った部屋が臭い。



4人のうち誰かがうんちょだ!と確信。



1人目…大当たり!



しかもオムツ外しの弄便(ろうべん)行為


平たく言えば、オムツ外して、うんちょを手で触ってた…と言うことです。


手もズボンももちろんシーツも便で汚れてま〜す。


大変でーす!


この前も話しましたが、夜勤中は孤独な戦いなので、一人でなんとかしなければいけません。


臭い汚い話は割愛して…


なんとか全部綺麗になりました。



よく施設とか老人介護をしてるお家ってどことなく臭い事ありますよね?


あれは、どこかにソレが付いているから臭うんです。


綺麗にしたつもりでも、チョンと付いてるだけで、時間とともに臭ってくるんです。


なので、便をした後のお尻は綺麗に洗って、優しく拭き取って、新しいオムツでサッパリさせてあげてくださいね!


洗わず、拭くだけだとどうしても臭いの元が残っちゃうんです。だからどことなく臭って臭いんです。


ましてや汚れが付いてるからって、タオル地のような荒い手触りのものでゴシゴシしちゃうと老人の皮膚は簡単に傷ついてしまうのです。

オムツの中で蒸れて湿った状態に長時間置かれてたお尻は特に弱く、簡単に皮がめくれてしまうので注意してくださいね。



汚れたオムツは新聞紙でしっかり包むとかなり臭いが抑えられます。

ギフトのようにしっかり包んで閉じないと臭いが漏れるので、しっかり閉じてあげてください。





これを持って歩いてると利用者さんにそれは何ってよく聞かれます。



うんちょだよ!とストレートに答えても、またそんな事言って〜なんかもっと良いものでしょう?と言われます。



いかにいつも利用者さん達をからかっていい加減な事ばっかり言ってるかバレちゃいますね。




ここ4日間眠れていなくて…

今日こそは少し寝れると良いなぁって思います。